ご利用上の注意点

安全に正しくお使いいただくために、ご利用前に必ずお読みください。

① 体調・健康状態に関する注意点

ご使用になる前に、ご自身の体調・健康状態について以下の内容をご確認頂きご使用の判断をしてください。

■次に該当する方はご利用を控えて下さい。
・妊娠している方
・酒気を帯びている(二日酔い含む)方
・体調不良(月経中・月経前後を含む)であると認められる方
・重度の傷病を有している方
・バイクの耐荷重制限を超えている方(体重制限110kg)

■身体に病気や障害のある方
トレーニングを始める前に必ず専門医に相談してください。
特に次のような方がご使用になる場合は必ず専門医にご相談ください。
・心臓病(狭心症・心筋梗塞など)
・糖尿病
・高血圧症(降圧剤を服用中の方など)
・呼吸器疾患(ぜんそく・慢性気管支炎・肺気腫など)
・変形性関節症、リウマチ、痛風
・その他、身体症状で不安のある方

■ご年配の方や運動習慣のない方
上記「身体に病気や障害のある方」で挙げた症状がない場合も、初めてお使いになるときは、念のため専門医にご相談のうえメディカルチェック(運動することが差しつかえないかの健康診断)を受けてください。

■トレーニング中またはトレーニング後の異常を感じた方
トレーニング中に、めまいや吐き気など、身体の異常を感じた場合やトレーニングが非常にきつく感じられた場合は、無理をしないでただちにトレーニングを中止してください。
また、トレーニング後に身体の異常を感じた場合は、いったん使用を中止して、専門医にご相談ください。

② 安全にご利用いただくための注意点

製品を安全に正しくお使いいただき、ご自身や他の人々への危害や損害を未然に防止するためのものです。
また注意事項は、危害や損害の大きさと切迫の程度を明示するために、「警告」「注意」の2つに区分しています。いずれも安全に関する重要な内容となりますので、必ず守って正しくご使用ください。

誤った使い方をした場合、死亡や重症に結びつく可能性のあるもの

・回転中のペダルやフライホイールに、お子さまやペットが近づかないように十分注意してご使用ください。柵を設置するなど、安全には十分配慮してご使用ください。
・お子さまだけで使わせたり、幼児の手の届くところで使用しないでください。
・転倒したり、指を挟んだり、怪我をする恐れがあるので、本体を傾けないでください。
・直射日光の当たる場所や、浴室や風雨にさらされる場所など湿気やほこりの多い場所、熱器具の近くには 設置しないください。感電や漏電による火災の恐れがあります。

誤った使い方をした場合、軽傷または家屋等の損害に結びつくもの

[全体(バイク+タブレット)]
・バイク及びタブレットの分解・修理・改造は絶対に行わないでください。システムに異常をきたしたり事故を起こす恐れがあります。
・水をかけたり、ベンジン、シンナー、ガソリン、磨き粉等で拭いたり、殺虫剤をかけないでください。ひび割れ、感電、引火の恐れがあります。

[タブレット(電源)]
・使用時以外は、必ず電源スイッチをOFFにして、電源プラグをコンセントから抜いてください。バッテリーの過放電や、けがややけど、絶縁劣化による感電・漏電火災の原因になります。
・電源プラグを抜くときは、電源コードを持たずに必ず先端の電源プラグを持って引き抜いてください。感電やショートの原因となり発火する恐れがあります。また、ケーブルを傷つける・破損する・無理に曲げる・引っ張る・ねじる・束ねる等しないでください。
・電源コードや電源プラグが傷んだり、コンセントの差込みがゆるいときは使用しないでください。感電・ショート・発火の原因になります。
・不安定な場所では使用しないでください。転倒する恐れがあり、けがの原因になります。
・タブレットの電源スイッチを切り、再度電源スイッチを入れる際は、少なくとも5秒間以上待ってください。すぐに電源を入れますと、内蔵されているコンピューターの異常の発生原因になります。
・雷が鳴り出したら、早めに電源プラグを電源コンセントから抜いてください。タブレットのシステム異常の発生原因になります。

[タブレット(電源以外)]
・タブレットに次のことをすると破損・発火・爆発などの原因となりますので避けてください。
 >禁止・密閉状態での充電・火気への接近。
 >指定以外での充電・分解・改造・+・ー端子間のショートやバッテリーコードのショート。
・タブレットは精密機械です。移動の際には衝撃を与えないでください。また、タブレットに寄り掛かって体重をかけたりしないでください。破損・故障の原因になります。

[バイク]
・サドルやハンドルに体重をかけた状態で、それぞれの調整ハンドルを操作しないでください。急激に下がり怪我や破損の恐れがあります。
・電源プラグを抜き差しするときは、必ず電源スイッチを切ってください。電源スイッチを切らないで行うとタブレットのシステム異常の発生原因になります。

③海外でのご利用について

FEEL ANYWHEREは日本国内でのみご利用いただけます。
海外ではご利用いただけません。

TOP